移住体験談

自然いっぱいの三豊市へIターンした大石秀子さん

大石秀子さん:三豊市在住・2014年移住・30代

  • Iターン
  • 子育て

移住のきっかけ

 夫は働きながら「定年を迎える60才になったとき、どこでどう生きているか」を考えていて、私は「安心して子育てができる土地で暮らしたい」と思っていました。私達夫婦2人にとって、ちょうどいいタイミングだったんです。 
 2人とも四国の生まれではないんですが、元々なんとなく四国が好きで、新婚旅行で四国に来たんですよ。その時は9日間くらいかけて四国をぐるっと回りました。

三豊市の空き家バンクで家探し

【写真:一番のお気に入り、塔重山公園の展望台からの眺め】

 香川の農業法人で就職を考えている時に三豊市の空き家バンクで物件を探したんですが、その担当の不動産屋さんがすごく親切な方だったんです。家を借りることが決まってから、一緒にご近所に挨拶に回ってくれたり、自治会の話も一緒に聞いてくれたり。その不動産屋さんがいたから、「いきなり知らない土地に来て孤独」みたいな感じにはならなかった。信頼できる人が初めからいてくれたおかげで安心して移住して来れました。引っ越した後も家庭菜園の畝たてを手伝ってくれたりして、本当に助かりました。いまだにいいおつきあいが続いています。近所の皆さんも、「自治会には生活に慣れてから入ればいいよ」とおおらかに受け入れてくれています。

香川のいいところ

【写真:普段の買い物は道の駅「たからだの里さいた」へ】

 香川はコンパクトでいいですね。すべてが近いところに集約していて便利です。学校、役場、銀行とか、いっきに用事を片付けれらる。どこにでも車で行けるし、駐車場も目の前にあって、小さい子どもがいても移動が大変じゃないのがいいです。買い物も近所の道の駅に行けば大体のものは揃っているので不便さは感じません。新鮮でおいしいですし。香川に来てイノシシの肉を初めて食べました。殻付のカキにもびっくりしました。関東にいた頃には食べたことがなかったんですよ。ちょっと困るのはラーメン屋が少ないこと。ふと食べたくなっても、なかなかお店がないので。

【写真:夏、子どもたちと遊びに来る鮎返りの滝】

 三豊市を一望できて、瀬戸内海まで見渡せる塔重山公園や、夏場でも訪れる人の少ない穴場スポットの鮎返りの滝は家からも近くて、すぐ遊びに来れる私の大好きな場所です。すぐ近くに山があり、滝があり、海も車で30分くらいで行ける。遊びにことかかないですね。庭にテントを張ってキャンプしたりもしますよ。田舎ならではですね。

移住をお考えの方へ

 いざ移住しようとなると、いろんな面で迷ったり悩んだりして、なかなか踏み切れないかもしれません。でも、ご自分の勘を信じていいと思います。30代、40代ともなると、いろいろやってきた経験の上に成り立っている「勘」なので、合ってるんです。自分の勘を信じて思い切ってやってみて大丈夫だと思いますよ。
 私は、移住後すぐは知っている人が少なかったので、やっぱり寂しかったですね。スーパーで挨拶できる人がいるとうれしいくらい。自分でアンテナを張って動くことでいろんな人と出会えて、だんだんと知り合いが増えていきます。これからは移住してきた人達を中心に子育てママのネットワーク作りができたらいいなと思っています。子育て世代で移住してきた人って、いざ何かあった時、子どもを任せられる人がいないことが不安なんですよ。それをお互いにサポートできるようなつながりを作っていきたいと思います。

pageTop

香川県 政策部 地域活力推進課
〒760-8570 香川県高松市番町4-1-10
Tel:087-832-3125