移住者の年齢:若者・子育て世代が多い⾹川への移住者は、若者や⼦育て世帯が多いのも特徴です。温暖で災害が少なく、コンパクトな中に都市の利便性と豊かな⾃然が調和した、若者や子育て世代をはじめ、誰もが暮らしやすい環境です。

医療・介護

⾹川県は、⼈⼝あたりの救急病院数が多く、救急⾃動⾞搬送所要時間の早さも全国トップクラスです。

子育て

⾹川県では、NPOによる⼦育て⽀援活動が活発に⾏われるなど、地域全体で⼦育て⽀援に積極的に取り組んでいます。
また、6歳未満児の医療費の無料化や第3⼦以降3歳未満児の保育料等の免除をはじめ、さまざまなニーズに対応した保育サービスの充実に取り組むなど安⼼して⼦どもを⽣み育てることができる環境づくりを進めています。

教育

⾹川県では「夢に向かってチャレンジする⼈づくり」を基本理念とし、⼀⼈ひとりの⼦どもが夢や⽬標を持ち、⾃らチャレンジするための確かな学⼒、豊かな⼼、健やかな体のとれた育成をめざしています。

観光・レジャー

瀬⼾内の島々を舞台に開催される現代美術の祭典「瀬⼾内国際芸術祭」。 2010年から3年毎に開催され、⾹川県がメイン会場になっています。春・夏・秋の3シーズンで瀬⼾内海に浮かぶ12の島と2つの港で、アートプロジェクト・イベントが展開されます。

また国の伝統的⼯芸品となっている「⾹川漆器」や「丸⻲うちわ」をはじめ数多くの伝統⼯芸品があり、今も暮らしの中にたくさんの伝統技術が息づいています。

エンゲル係数の低さ全国No.1 瀬戸内の恵みを安く食べられる!消費支出に占める食費の割合のグラフ

⾹川県には、讃岐うどんをはじめ、新鮮な⿂や野菜、柑橘、オリーブや醤油、和三盆などたくさんの特産品があります。 安くておいしい地元⾷材に恵まれているためか、消費⽀出に占める⾷費の割合(エンゲル係数)も低く、暮らしが豊かで恵まれているといえます。

交通