移住体験談

広げた人脈を生かし憧れのWebデザイナーに

入山 亮平:高松市在住・2005年移住・30代

  • Iターン
  • 子育て
入山 亮平さん ▲入山 亮平さん

1985年高知県高知市生まれ。地元の高校を卒業後、建築設計事務所に勤務したが、ウエディング・プランナー養成学校に通うため20歳で香川県に移住。そこで広げた人脈を生かし、ブライダル業とICT関連企業に転職。友人の紹介でWeb制作会社「株式会社ゴーフィールド」入社。Webデザイナーとしてホームページ制作などに携わる。

最初はブライダル業を学ぶため香川へ

 生まれも育ちも高知県です。地元の高校を卒業して2年間は建築設計事務所で設計補助をしていました。20歳になったころ、ウエディング・プランナーという面白そうな仕事があることを知り、高知には学べる学校がなかったため高松市の学校に来ることを決めました。当時は香川で暮らすことを意識していたわけでなく、仕事を覚えることしか頭にありませんでした。

 学校のカリキュラムは1年間。卒業したらブライダル業界に就きたいとは思っていましたが、香川は僕には縁もゆかりもない土地。だから学ぶだけでなく業界の人たちと積極的にお付き合いさせていただき、人脈をひろげるように努めました。そのことが功を奏して、仲良くなった講師の方の紹介で卒業と同時にブライダル業界に入ることができました。

高松は企業も人も“ごった煮”が魅力

ゴーフィールド職場風景  ブライダルで、僕はおもにデザイン系の仕事を担当していました。そのこともあって、やがて興味のベクトルがブライダルからデザインに向かいました。するとタイミングよく知人がICT関連の会社を紹介してくれて、転職が決まりました。そこでは3年間働きましたが、やがて「ビジネスとして、ITの世界を極めたい」という気持ちと、「デザインの仕事を続けたい」気持ちで揺れ動いていました。そんなある日、別の知人が「面白いIT企業がある」と紹介してくれたのが、今いる「株式会社ゴーフィールド」です。ここならITとデザインを目指す自分の夢が両立できると知ったからです。

 ブライダル会社からICT関連会社、Web制作会社に、とこれまでの職を斡旋してくれた方々は、みな僕が香川に移り住んでから知り合った人たちです。不思議なもので、僕は「人脈ゼロ」で香川に飛び込み、そこで広げた人脈のおかげで今の仕事に就くことができました。人口が飽和状態の都会では、まずありえないことだと思います。

 今の僕はWebデザイナーとして企業のホームページ制作などを担当しています。香川は四国の中でも企業の数が多く、業種も多彩です。だから任される案件はバラエティー豊かで、いろいろ経験が積めます。会社もすべてにオープンな環境で、県外はもちろん海外から移住してきた社員もいます。地元企業ですがメンバーが県内に偏っていないので、個性たっぷりに意見を出し合えるのが楽しいですね。

子育てに最適、コンパクトなまちと自然

公園  妻が土日に仕事をしているので、休日はほとんど2歳の子どもと過ごしています。天気のいい日は近所の「公渕森林公園」や「ドングリランド」で、子どもと一緒に思いっきり遊びます。香川はバーベキューや里山歩きなど、親子向けの催しが多いので週末はまったく飽きないですね。また中心市街も子連れ歓迎のお店や施設が多いので助かります。雨の日などは商店街に行ったりカフェで過ごしたりしますが、子連れだからと気後れすることはまずありません。

 香川は何と言っても、まちと自然がバランスよくコンパクトにまとまっているのがいいですね。どこも近くに山や川があり、雨が降ったらサッと「まち」に出て、ゆっくりお茶を飲むことができます。古里の高知には雄大な自然が広がっていて好きですが、広すぎるため自然を満喫するには何時間も車を走らせないといけません。その点、香川なら子どもが学校に行き始めても自転車で一緒に山や川に行けます。自転車の移動範囲に、自然と都会があるのは本当に魅力的。高松は「瀬戸の都」と言われますが、本当にそうだなと実感しています。

pageTop

香川県 政策部 地域活力推進課
〒760-8570 香川県高松市番町4-1-10
Tel:087-832-3125